2018春季リーグ戦 1部 最終成績

2018春季リーグ戦 1部が終了しました。
最終週まで順位の確定がもつれ、激しい優勝争いが繰り広げられる展開となりました。
最終成績は、香川大学が昨年度に引き続き見事に優勝2連覇を果たしました。
準優勝は松山大学、第3位、徳島文理大学 となりました。

なお、優勝し全日本選手権大会への出場権を獲得した香川理大学は、来月の定例理事会において8月19日から静岡県において開催される、第70回全日本選手権大会への出場が推薦され、承認される予定です。
また、準優勝の松山大学は、2部リーグの1位の愛媛大学と、8月27日から北海道において開催される
清瀬杯第50回全日本選抜大会への出場権決定戦に臨むことになります。

2018春季リーグ戦1部の戦績表を記載しています。    → 2018春季リーグ戦1部戦績表

Please follow and like us: