全日本9ブロック対抗準硬式野球大会 2日目

四国選抜は、決勝戦で、関東選抜と対戦しました。
力及ばず残念ながら、2-9で敗戦し、準優勝となりました。

しかし、9ブロック大会準優勝は見事な成績です。おめでとうございました。

決勝
sp 1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関東選抜 0 0 2 2 0 5 0 0 0 9
全四国選抜 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

(関東)山崎・岡部・吉田・大谷-平下・古川
(四国)藤田・大西・漆原・川上-高橋(隆)、水原
[本塁打]平田(四国)
[三塁打]茨田2(関東)
[二塁打]平下(関東)

【戦評】
決勝戦となった関東選抜と四国選抜、先制したのは関東選抜であった。3回平下の2塁打などでチャンスで広げ四国のミス等もあり2点を先制した。
中盤以降も代打坂田、2番隈元などのタイムリーで四国選抜を突き放す。
対する四国選抜も6回好投した山崎に変わった岡部を攻め、4番の平田のレフトスタンド中段に飛び込むホームランで2点を返す。
しかし、関東選抜投手陣の前に追加点が奪えず、9ー2で関東選抜が優勝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください